お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 「夏風邪」

「夏風邪」

夏に引く風邪のことを夏風邪と呼びます。

冬に引く風邪のウイルスは乾燥を好みますが、夏に引く風邪のウイルスは高温多湿を好みます。

その中でもエンテロウイルス、アデノウイルス、コクサッキーウイルスが夏風邪を起こす原因になりやすいです。

ウイルスは細菌と異なり、鼻や喉の粘膜の細胞に侵入して増殖します。

さらに、夏の暑さ、冷房による自律神経の乱れ、睡眠不足、ストレスによる免疫力の低下などで夏風邪は長引きます。

夏風邪の症状は、発熱、喉の痛み、咳、鼻水、頭痛、悪寒、倦怠感などのいわゆる風邪症状や、腹痛、下痢などの胃腸系にも症状が現れます。

 

◾️エンテロウイルス

エンテロとは腸という意味があり、喉から感染して腸の中でウイルスが増殖します。

主に発熱、喉の痛み、咳、口内炎、鼻水、腹痛、下痢が見られます。

大人が感染すると重症化しやすいので注意が必要です。

◾️アデノウイルス

アデノは扁桃腺やリンパ腺という意味があります。

主に高熱、喉の痛みや腫れ、頭痛、激しい咳、結膜炎、下痢などが見られます。

◾️コクサッキーウイルス

エンテロウイルスの仲間で、腸の中でウイルスが増え、主に急な高熱と口の中に水ぶくれを伴う発疹が出来るヘルパンギーナを引き起こします。

そのほか、食欲不振、頭痛、下痢、嘔吐などの症状も見られます。

 

夏風邪の治療は症状に合った対処療法と安静療法です。

出来る限り安静にし、栄養や水分、しっかり睡眠をとるようにし、自然に治るのを待つのが一般的です。

高齢者や乳幼児は症状が長引くと体力が消耗し、悪化傾向になることもあるので注意しましょう。

夏風邪の基本の予防には手洗い・うがいです。

プールに入った後は目や身体をしっかり洗うようにしましょう。

 

 


★夜の診療を始めました★

ライフスタイルに合わせてご利用ください。

詳細はこちら→https://noge-seikotsu.com/%e2%89%aa%e5%a4%9c%e9%96%93%e8%a8%ba%e7%99%82%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%84%e2%89%ab/


 

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約