お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 超音波骨折治療法

超音波骨折治療法

従来の骨折治療では、ギプスなどで固定した後は自然経過に任せるのみでしたが、超音波骨折治療法を行うことによって、固定後でも積極的に骨の癒合が促進できるようになりました。
多くの臨床例から治療効果も確認され、骨が癒合するまでの期間を約40%短縮でき、遷延癒合や偽関節などの治りづらい骨折の発生率を低下させる効果があるとされています。

LIPUS 低出カパルス超音波の作用
(Low Intensity Pulsed Ultra Sound]
骨に器械的な刺激を与えると、その刺激に応じて骨が形成、修復されることが確認されています。超音波骨折治療法は、きわめて出力の弱い超音波を断続的に発振することで、骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。

#オステオトロン
#低出力パルス超短波
#LIPUSによる音圧効果
#骨折
#治療期間を約40%短縮

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約