お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 手のしびれ「手根管症候群」かも?

手のしびれ「手根管症候群」かも?

手のしびれを感じて病院を受診した際に手根管症候群と言われた方はいませんか?

手根管とは手首にある骨と靭帯に囲まれた空間のことで、指を曲げる腱と正中神経が通ります。

ここで何かが原因になって正中神経が圧迫されると手根管症候群が発生します。

原因となりやすいものとして、手首の骨折後、リウマチ、妊娠、糖尿病、アミロイドーシス、腎疾患、透析患者、痛風、などホルモンや代謝性疾患に随伴するときもあります。

最も多いのは中高年の女性に発生する原因のはっきりしないものと、手をよく使う仕事の人に発生するものです。

 

症状は、親指の内側半分、人差し指、中指、薬指の親指側半分、手のひらにしかしびれや痛みは出ません。

感覚も少し鈍くなります。

夜寝ている時に痛くて目が覚めたり、手を使った後に症状が強くなります。

正中神経が圧迫されている状態が長期間続くと、しびれや痛み以外にも、正中神経が支配している筋肉が痩せ衰えて親指が動かしにくくなる症状が現れ、親指と人差し指で作るOKサイン(perfect O テスト)が出来なくなります。

コインがつまみにくい、ボタンがかけにくい、湯呑みなどが持ちにくいなども現れます。

初期にはビタミン剤による薬物治療を行います。

痛みが強い場合は手根管内にステロイド注射をすることもあります。

手の使いすぎを避けるために装具を装着することも。

保存療法を行なっても良くならない。

親指の筋肉の萎縮が激しい。

神経伝達速度が低下しているなどの場合は手術という選択支も出てきます。

手根管症候群かも?と疑われている方は、お気軽に野毛整骨院に受診してご相談ください。

お問い合わせ

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約