お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 困った、、「五十肩」だわぁ。

困った、、「五十肩」だわぁ。

50歳代に多く見られる肩関節周りの痛みです。

ちなみに40代の人では「四十肩」と呼び方がかわる不思議な症状なのですが、

正式には「肩関節周囲炎」と言います。

自然に治ることもありますが、痛みを放置していると日常生活がものすごく不便になります。

五十肩は加齢によるものが多く、肩を上げたり水平に保つのが難しくなります。

☐髪の毛を洗ったり結ったりするのに制限が出てくる。

☐洗濯物を干し辛くなる。

☐洋服を着替えにくい。

☐電車の吊り革を掴みにくくなる。

☐寝返りを打つと痛い。

など日常生活に不便を感じます。

 

急性期はじっとしていてもズキズキする痛みがあり、夜寝ていても痛みのためゆっくり眠れません。

この時期に無理にマッサージなどをすると炎症が長引いてしまう可能性があるため、じっとしている時の痛みが治るまでは安静にしていたり、薬などで炎症を抑えましょう。

強い痛みには注射や内服薬が効果的と言われています。

拘縮期は急性期の時ほど激しい痛みはないですが、朝起きた時に痛みが出たり、腕の動かない状態が続き、動かす範囲も狭くなる。などの症状が出ます。

この時期からマッサージや運動療法をどんどん始めていくと良いですよ。

回復期は痛みが減り、だんだん関節が動くようになってきます。

トータルの期間は大体1年から3年ほどかかると言われていますが個人差が大きいです。

一度症状が出てしまうと長期間治療が必要になってしまうため、日頃のケアや早めの治療を目指しましょう。

似たような症状では「石灰沈着性腱板炎」「腱板損傷」「上腕二頭筋長頭腱炎」などがあり、鑑別が必要です。

 

当院では痛みの状態を見て、急性期ではアイシングをしたり、生活指導を行います。

拘縮期と回復期では筋緊張を和らげるための温熱療法とマッサージ、運動療法の指導をします。

個々の症状に合わせて超音波、鍼治療、筋膜リリースも効果があり、早期回復をお手伝いします!

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約