お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 女性がなりやすい「外反母趾」

女性がなりやすい「外反母趾」

足の親指の先が人差し指の方にくの字に曲がり、親指の付け根の関節の突き出したところに痛みが出ます。

外反母趾の1番の原因はつま先が細くなった靴を履くことです。

ヒールの高い靴は付け根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

生まれつき扁平足気味の人も外反母趾になりやすい傾向があります。

健常な足には縦アーチと横アーチというものがあります。このアーチが崩れることによって扁平足になります。

 

変形は見た目に明らかで、診断は容易です。

母指の飛び出ている関節を押すと痛みがあります。

靴を履いたとき・脱いだときにも痛みがあり、常に痛むようになると手術を検討します。

痛みの軽減と変形の進行を抑えるため、ハイヒールなどつま先が細くなっている履き物を履かないなどの改善が必要です。

仕事柄ヒールのある靴を履かないといけない場合は、先がやや広がっていたり、ヒールが高すぎないものを選びましょう。

痛いところを除圧するパッド、寝ている時や歩行時に使用する矯正装具、アーチを補強するインソールがあります。

いずれも痛みを軽減する効果があります。

 

外反母趾は初期に治療をすれば保存療法だけで日常生活を送ることができます。

放置すると変形が進行してしまい手術が必要になってしまいます。

また外反母趾だと思っていたら実は関節リウマチだったなんてことも…。

母指の変形や痛みを感じたら早めに診てもらいましょう。

そして普段からつま先の幅が狭くヒールの高い靴はなるべく避けるようにしましょう。

 

お問い合わせ

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約