お知らせ お知らせ

長のブログ

ホーム 院長のブログ 「眼精疲労」

「眼精疲労」

デスクワークや長時間のスマホの操作によって、目だけでなく全身に症状が出て、休息を取っても十分に回復しないのが眼精疲労です。

ピントを調節する毛様体筋は自律神経が支配しており、目を使いすぎることによって毛様体筋が疲れると、自律神経のバランスが崩れて全身に症状が出ると考えられています。

 

【目の症状】

☐目がかすむ

☐充血する

☐目が重い

☐痛い

☐まぶしい

☐乾いた感じがする

☐まぶたがピクピクする

☐瞬きが多くなる

☐涙がよく出る

 

【全身の症状】

☐頭痛

☐肩こり

☐イライラ

 

【対処法】

・眼精疲労を抑えるためにはパソコンを正しく使いましょう。

パソコンと適切な距離を保つことで目の疲れを抑えられます。

顔とモニターの距離が手を伸ばした長さ(約50〜70㎝)が理想です。肘掛けやデスクに手を自然に置いて、無駄な力を入れずにキーボードを打ちます。

1時間ごとに10分程度の休憩が取れると良いですよ。

また画面が明るすぎたり、暗すぎるのも目が疲れる原因になります。

自分に合った明るさに調節してみましょう。

 

・まぶたを温める

血流を良くするため、蒸しタオルをのせる。

まぶたに温かいシャワーを数分当てるのもいいですよ。

 

・ツボ押し

目を押さないように注意しつつ、目の周りの骨を気持ちいい程度の強さで押します。

こめかみや首なども関係しているのでマッサージは効果的です。

 

 

眼精疲労を起こしやすい目の病気はいくつかあります。

ドライアイ、白内障、緑内障、眼瞼下垂、老眼などがあるため病気がないかのチェックは忘れずにしましょう。

お問い合わせ

腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

スマートフォンで下記のボタンを押して
友だちリストに追加してください

ご質問 / ご相談
お問い合わせはこちら
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
問い合わせフォーム
ご予約はお電話または
かんたん予約フォームから
診療時間:9:00~13:00 / 15:00~20:00
ご予約