痛い時は温める?冷やす? - 腰痛 坐骨神経痛 なら桜木町 関内の整骨院

野毛整骨院

Q&A

痛い時は温める?冷やす?

患部を温めたり、冷やしたりの判断は炎症症状の有無で判断します。
炎症は、内出血や腫れ、赤みがでたり、熱をもったりして現れてきます。
炎症を伴う痛みの場合、10分を目安に患部を氷のうで冷やします。(長時間のアイシングはキケンですので、必ず間隔をあけます)
炎症を伴わない痛みは、温めて血行を良くした方が、痛みを軽減できることが多いです。

回答者:濱脇

003

この記事を共有する

桜木町にある腰痛専門の整骨院

横浜市,桜木町駅の腰痛專門の整骨院

年中無休 毎日20時まで受付 桜木町駅より徒歩5分 地域医療機関と連携 無料電話相談あり

【初回限定】腰痛・坐骨神経痛が治らない方へ